産休・育休中でも住宅ローンは組めますか?

近年は、政府の方針のもとで、大企業を中心に就労環境を改善する取り組みがすすめられており、産休や育休を取得する従業員が少しずつ増えてきました。しかし、実際にこれらの休暇を取得する上では未だに色々な問題に直面します。その一つといえるのが、住宅ローン金利における問題です。

産休や育休をとる人の中には、家族が増えるのを機にマイホームの購入を考える人は少なくありません。マイホームを手にする場合、ほとんどの人は銀行か信用金庫で住宅ローンを組むことを考えるでしょうが、休業中の人は長期間休んでいるタイミングで住宅ローンを組むことができるのかという問題に直面します。

結論から述べると、産休および育休の最中の住宅ローンは、配偶者が仕事をしていて、返済していけるだけの収入の確保が見込まれれば組むことができる可能性がありますが、夫婦が両方とも育休を取得した場合は住宅ローンの融資を断られる可能性が高いでしょう。産休および育休の取得者は、仕事を休んでいる間に様々な給付を受けられるため収入が無い状態とはいえませんが、現在のところ住宅ローンを提供している金融機関のほとんどは、休業取得者本人については収入が無い人と同等の扱いをしています。中には、産休・育休中の元金の返済を据え置く特例をつけた住宅ローンを販売している金融機関が存在しますが、それはごく少数にとどまっています。産休・育休中でも安心して利用できる住宅ローンが普及するには、金融業界全体が産休や育休に対する認識を変えることが不可欠です。